top of page
画像5.png

ギャラリー
​研究会の活動や『紅楼夢』を画像で紹介します

『東京紅学レポート』

紅楼夢研究会で発行している機関紙です。会員が​『紅楼夢』関連の研究論文や情報を年1~2回発信しています。『紅楼夢』をイメージした淡い紅色の表紙です。。

画像表紙.png

『後紅楼夢』第14回挿画

『紅楼夢』では思いが成就することのなかった賈宝玉と林黛玉の結婚式。正に紫鵑と晴雯の言う通り「原来也有這一個日子」ですね。

画像1.png

​金陵十二釵ティーセット

茶壺、茶杯、盤子のセット。ブログに拡大があります。

ティーセット_edited.jpg

紅楼夢研究会朱文方印

HPトップページでも使用している研究会の印です。寿山石。3.3×3.3。

画像2.png

常州工芸くし 金陵十二釵

1600年の歴史があるという江蘇省常州の工芸くしセット。ちょっとわかりにくいですが、美女の袖の下がくしになってます。ブログにもコレクションがありますのでどうぞ。

画像1.png

壁瓶(小冰箱貼)

ちょっと珍しい壁瓶(裏が垂直になっている壁掛け花瓶)型のマグネットです。残念ながら12人そろっていませんが、絵は綺麗です。ぜひブログで詳しくご覧ください。

画像壁瓶.png

​名刺入れ from台湾

倣古屏風

台湾高雄の展望ビル展望台土産物売り場で見つけました。Twelve ladies from the Dream of Chanmber 
​英語名が入っているのは珍しいです。雰囲気も独特ですよね。拡大版もご覧ください。

屏風と言っても卓上のミニ屏風。「紅楼十二釵」+α。裏面は黒地に金で十二人の説明。林黛玉と賈宝玉のショットあり。全く実用品でないのでしまいこんでおりました。ギャラーに裏面があります。

名刺入れ5.JPG
屏風絵全.JPG

陶塑 薛宝琴 林黛玉

この子たちはどこから来たのだったか…作者もわからないのですが、『紅楼夢学刊』(2022・4)に陶塑の写真があり、もしや同じ作者では?と出してみました。下向きなのはこの手の作品共通なのでしょうか。ブログにアップあります。

像表.JPG

​金陵十二釵 急須セット

急須の持つ手に竹を使ったバージョン。外れた状態で箱に入っていたので、セットしようとしましたが折れそうで無理です。写真は置いてあるだけです。

竹急須セット.JPG

高級礼品扇 金陵十二釵

透かし彫りの白檀扇です。表裏に6人ずつ、金陵十二釵が焼き付けられています。2005年製ですが、まだ白檀のよい香りが。

扇1.JPG

『紅楼夢』お菓子たち

日本にもこんなにすばらしい『紅楼夢』のお菓子があります!(OH!GOD!川口・戸塚安行)これは中国にもなかったかもしれません。グルテンフリーで体にも心にもやさしい。詳しくはブログをどうぞ。

画像1.png

金陵十二釵 景泰藍ミニ屏風

景泰藍は銅製の七宝焼きです。金具の構造上、降りたためません。裏面には人物名が印鑑で示してあります。詳しくはブログをどうぞ。

屏風二段.JPG

軽羅小扇

竹の骨に薄い布を張った団扇です。土産物としてはポピュラーなもので、「扇」が「善」に通じ、「善結扇縁」「扇始扇終」となり、贈り物としても好まれるとか。ブログでも「借扇寓善」をどうぞ。

複数扇子.JPG

大観園彫刻
​中華街の某中華菓子売店の奥で見つけました。拡大図はブログをご覧ください。

紅楼夢全体.JPG

画像2.png

画像2.png
bottom of page